■■■ 越前・若狭(福井県内)の中・近世城跡の紹介■■■

倉館跡1・一乗谷朝倉氏遺跡その1(あさくらやかた 福井県福井市城戸ノ内町)
 


朝倉氏略史

 朝倉氏の祖先は、現在の兵庫県・養父郡 一帯を本拠地としてい た豪族。元々は日下部姓であったが、平安時代の末頃から朝倉姓を名乗るようになったといわれている。南北朝の争乱期に足利一族の名族・足利(斯波)高経のもとで越前に入部 した。朝倉氏は、高経の母親である里方長井氏の朝倉庄の代官を努めていたと考えられ、高経が越前守護となると、八木氏らとともに里方出身の斯波氏被官として黒丸城(現在の福井市西部)や一乗谷を拠点にして、朝倉広景以後越前に根付いた。

 七代目の朝倉孝景は、応仁の乱では越前守護代甲斐氏とともに西軍につき京都で大活躍。東軍の 越前守護斯波義敏と激しく対立 した。
 しかし将軍足利義政が東軍へ肩入れすると、西軍の不利を悟り越前に下向して東軍に寝返り、西軍の越前守護代甲斐氏が守護斯波氏に代わり実質支配していた越前の押領に乗り出し、寝返りの功で守護代職に就くと同時に、より軍事環境に適した一乗谷に本拠を完全に移した。 まさに戦国大名の本領発揮、そのものであった。

 その後、名目的守護として義廉流斯波氏(後の鞍谷氏)を推戴し、孝景→氏景→貞景→孝景→義景と五代百年にわたって越前を実力支配。越前回復を狙う 前守護代甲斐氏との果てしなき戦争や、越前押領に対しての守護斯波氏 (武衛家)との争論や将軍の「朝倉追討」など何度かの危機を乗り切り、後半は暴発する一向一揆との戦闘にあけくれながらも、京の文化を積極的にとり入れ北陸の小京都とも呼ぶべき城下町を築き、文化の華を咲かせた。
 しかし、その繁栄も五代義景の時、同じ斯波氏被官人出の織田信長と対立し、近江浅井救援に出向いたものの「刀禰(とね)坂の戦い」で信長に破れ、一乗谷を棄て、陣を建て直すため大野に逃れたところを、一族朝倉景鏡の裏切りにあい自害、滅亡した

 一乗谷は 天正元年(一五七三年)八月一七日信長勢によって火を放たれ、朝倉氏の城下町は三日三晩燃えつづけた後、地中深く眠りにつきその栄華の永い歴史を閉じた。
(この後、一時期だけ信長に任命された守護代桂田長俊が一乗谷を拠点とするが一揆に討たれた)

 この後、信長から越前支配を任された柴田勝家は拠点を北ノ庄(現在の福井市中心部)に構えたため、遺構の破壊はなされることなく、一乗谷は歴史に埋もれていった。
 

朝倉氏遺跡の発掘

 昭和四二年に奈良国立文化財研究所の指導で、始めて本格的な発掘調査が行われ、以来当主の館(朝倉館)をはじめ、武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷さらにそれぞれを結ぶ道路にいたるまで、戦国時代の町並みがほぼ完全な姿で発掘され、約四百年ぶりに深い眠りから目を覚ました。 整然とした町割りに洗練された文化が花開いた一乗谷は小京都と呼ばれ、当時1万人を超える人々が暮らしていたとされている。

 同時に、当時の生活文化を物語る茶器・文 具類・火縄銃・文字の書かれた札・職人道具など貴重な歴史 遺産も発見。数にして5,000点の遺構と160万点に達する遺物が出土、その極めて貴重な歴史的価値から昭和四六年山城跡を含む延べ278ヘクタールが「特別史跡」に。平成三年には遺跡内の南陽寺・湯殿・諏訪・朝倉義景館跡の4つの庭園が「特別名勝」に指定された。
(この範囲は城下町の中心部だけで、実際の規模は約4000ヘクタールに及ぶと推定されている)

 発掘前の館跡地には中央に「松雲院」が。西北部に「足羽町一乗谷支所」が置かれていたが、それぞれ移転し発掘にとりかかったものの、何も発掘されず空振りかと思われたとき、 1m下 の堆積土の下から突然礎石が出現、遺構面が確認され一気に発掘が進んだと言われている。
 発掘はいまも継続している。

朝倉館(あさくらやかた)

 第五代義景の居住した館で城下町である一乗谷の中心部にあり、東の山城を背にし、その山裾の約百m四方の平坦地に造営されたもので、東を除く三方に高さ1.2〜3m程の土塁を廻し、その周りに幅約8m、深さ約3mの濠をめぐらしている。

 三方の土塁にはそれぞれ門が設置され、西を正門としている。また、濠をへだてた南には、関連屋敷の拡がりも予想され、西方には、馬場が存在したと記録されている。東の山裾は、一部がこの館に取り込まれ、一段上った平坦部には、「湯殿跡」と伝称される庭園等も残っている。
 館内の平坦部は約6,400uあり、その中のやや北東よりに17棟の建物が整然と建ち並んでいた。多くの建物は、東西約21.4m南北約14.2mの常御殿とみられる館内最大の建物を中心に、その南方に花壇、庭園、主殿、会所、茶室など表向(接客)施設群と、北方には台所、厩、湯殿、蔵などの内向の日常生活施設群、そして土塁上の隅櫓と警護施設群 が整然と配置されていた。
 その後の研究で、当初西半分で完結していた館であったが、足利義秋(義昭)を迎えるにあたって東山麓を削り拡張していたことが、建物の方位のずれや柱の寸法の違いでわかってきた。
 発掘による成果をもとに、京の将軍御所や管領家も参考にして朝倉館復原模型が製作、資料館に展示されている。

唐門(からもん)

 義景館跡の正面、濠に面して建つ唐門は五代義景の菩提を弔うために 建てられた松雲院の寺門。豊臣秀吉が朝倉義景の善提を弔うために寄進したものと伝えられ、幅2.3mの向唐門形式で、質素な中にも堂々たる気品を伝えてい る。(但し、朝倉時代の遺構ではないので注意)
 朝倉氏遺跡関係の写真として必ず登場する定番品。春には門の内側にある桜の満開にあわせて写真をとるため混雑する。
 現在のものは何らかの理由で江戸時代中頃に建て替えられたもの、門内の上部には朝倉家の「三ツ木瓜」の紋と豊臣家の「五三の桐」が刻まれている。
 

朝倉館跡2へ

 

地図はここです
JR福井駅から越美北線で20分弱、一乗谷駅下車、徒歩30分
京福バス「浄教寺行き」で30分、朝倉館前下車
 

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2002 H.Okuyama. All rights reserved.
孝景
写真は資料館案内チラシより引用、撮影は2000年 〜2002年
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか新越前若狭城跡考一覧へリンクして下さい。.
 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO