明治・大正・戰前期の残照

■一覧に戻る

 

金ヶ崎隧道
(敦賀市金ヶ崎) 地図

 中世の要所であった金ヶ崎、南北朝期の新田義貞と守護足利(斯波)高経との攻防、応仁の乱の前哨戦ともいうべき長禄合戦での攻防、そして織田信長の越前侵攻での攻防 戦.。福井県の歴史を繙くと重要な局面でこの金ヶ崎が登場する。

 しかし、北へ向かう中近世の北陸道は金ヶ崎を経由せず、その東側の木ノ芽峠越えで府中(武生)、北 ノ庄(福井)に通じていた。この道は急峻で、越前を敦賀と敦賀以北に自然に分断するかたちとなったことは否めない。
 
 維新政府が成立すると、敦賀と越前の中心である福井をどうつなぐかが課題となり、敦賀県は明治9年に海岸沿いに北進して府中(武生)に繋ぐ東浦道の開削に踏み切る。
 東浦という名は、金ヶ崎の北に位置する鞠山から、赤崎、江良、五幡、挙野、阿曽、杉津、横浜、大比田、元比田の越前海岸沿いの地域をさしている。
 しかし、新政府の地方統治は猫の目のように変わり、敦賀県は全国府県のさらなる統廃合の対象となり、解体。嶺北は石川県に、嶺南は滋賀県に分属させた。このため東浦道の開削は中断に追い込まれる。
 
 この東浦道が復活するのは明治18年に入ってのことである。
 福井商法会議所(現商工会議所)の車道開削運動が実って、武生〜敦賀につながる新車道(春日野道)が正式に認可され着工となり、この時、東浦道のルートの一部が生かされることになったのである。


 福井県と経済界にとって、東海道の支線として鉄道 が敦賀港まで開業しているなかで、敦賀に繋がる新たな車道の開削は、産業振興に不可欠な物流網として必至の課題であった。 (この点については
「明治福井のまちおこし」参照

 ルートは武生〜大良(南条郡)間は全くの新ルートであるが、大良〜赤崎までは東浦道計画当時のルートをほぼ踏襲し、赤崎〜鞠山〜敦賀は東浦道のルートに代えてより海岸沿いに新ルートがとられた。東浦道では金ヶ崎より東に位置する峠で山を越こえたが、新車道はあらたに金ヶ崎隧道を開削することになった。
 現在も、この隧道の真下に新金ヶ崎トンネルが国道8号として通っているが、真上にもう一つの旧隧道があることはあまり知られていない。
 
 隧道は、明治中期の現存最古級の道路用煉瓦造り隧道(石ポータル)の一つで、幅4.5m、長さは約290mに達する。同時期に竣工した春日野道 の目玉であった春日野隧道よりも長い。着工は春日野隧道よりやや遅れ明治19年2月26日で、両側から開削しその年8月6日には貫通、11月末には竣工した 。かなりのハイペースでの工事であった。工夫達が春日野隧道と進捗を競ったことが記録に残っている。
 隧道の着工が春日野より遅れたのは、春日野隧道が春日野新道を使って開削地点まで道が通じているの対して、金ヶ崎隧道は鞠山と金ヶ崎の両側から隧道開削地点まで道路も開削しなければならなかったためである。

▼北側(鞠山側)現況 ▼春嶽の扁額

 隧道の状態は良く、今でも充分通行可能と思われるが、金ヶ崎側の入口は柵で立ち入りを拒んでいる。もっ とも簡単にのり越えられるので、通行に支障はない。工事を担当したのは藤田組である。長いので途中に退避壕が3カ所見られる。
 金ヶ崎側には「吉祥洞 明治十九年十一月 山縣有朋書」、鞠山側に「金崎隧道 明治十九年十一月 正二位源慶永書」と書かれた扁額が掲げられている。
 源慶永とは幕末福井藩の名君松平春嶽である。春嶽の扁額は春日野隧道にも掲げられており、福井県人の期待の大きさが伺える。
 
 金ヶ崎側の春日野道はいまもそのまま残っており、麓には金ヶ崎宮観光のための公共駐車場(無料)も整備されたので、アクセスは 便利になった。
 ちなみに鞠山側の春日野道は、鞠山トンネルの開通に伴い、道路用地が民間工場に払い下げられ、さらに戦後の敦賀新港の埋立てなどで、一部消失している。

▼隧道内部 ▼隧道から金ヶ崎駅に向かう春日野道

*車道開鑿の背景については 「明治福井のまちおこし」 を参照 してください

一覧に戻る

Copyright (C) 2006 H.Okuyama All Rights Reserved
取り上げて欲しい遺産はMailにてリクエスト下さい
掲載されている遺産に関連する情報・資料・写真をお持ちの方もMailにて是非ご連絡下さい
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO