明治繊維産業付録資料


 

 

石田縞機業碑

治から大正にかけて、小・中・女学校の制服に利用されて有名になった丹生郡下石田(現鯖江市)の木綿織物、石田縞と呼ばれた。文政年間 高島善左衛門が美濃より縞木綿の技術を導入し石田縞を織りはじめた。
 

 

 

三宅亟四郎機業碑

井絹織物の開拓者、藩政時代物産総会所の責任者を務めたほか、設備の改良や技術向上、生産、精錬。販売の一貫経営に初めて着手し、福井県の織物振興に多大な貢献があった。明治28年9月没

 

 

酒井功機業碑

【捜索中】
足羽山にあるべき碑が無い!

 

勧業吏出身の機業家で、明治7年京都博覧会でリヨン帰りの佐倉常七などが、ジャカード機やバッタン機を公開実演を行い、翌年織 工場を開設し織機の操作伝授に乗り出すと伝修生派遣を建議、これを実現させるほか、バッタン機2台の県費購入さらに士族仲間と毛矢町に「織工会社」を創設し、傘地やハンカチーフの製織に携わる。福井織物のパイオニアの一人。明治17年1月没。

 

 

 

細井順子顕彰碑

物技術者の女性パイオニア、足羽郡六条村出身。県が京都に織物伝習生派遣を決めた時、機織の名手として選ばれ、京都織殿で佐倉常七よりバッタンをはじめ最新の製織技術を習い、戻ってからは織工会社の教師などを努め福井絹織物の振興に大きな功績を残した。大正7年9月没。

 

以下逐次追加します。

 


一覧に戻る

 

 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO