明治繊維産業資料一覧


福井絹織物沿革誌
富田 循良 著

仏式バッタン器機ノ創始
(附織工会
社)

 
 県絹織物史として初めて書かれた(明治20年)資料。織工会社に携わり、代表も務めた当事者による記録である。
 従来は絹織物史資料といえば、明治33年夏、当時東京高等商業学校在学中の三上孝司・出淵勝次の両名が福井・石川両県を訪れ、調査、報告したもの が通常利用されているが、本資料は当事者による第一級の記録である。
 


我福井ニ仏式バッタン器械ヲ輸入シ、織物ニ使用シタル始メハ、福井毛矢町ノ士族(養蚕熱心者)酒井功、明治八年中蚕紙製造用ヲ以テ他府県往復ノ際、京都府織工場ニ於テ使用セル仏式機具ヲ一見シ、其軽便ナルヲ悟リ、帰県ノ後県庁(当時敦賀県)ニ対シ、織工生徒ヲ京師ヘ派遣シ、織物ヲ修行セシメ度旨ヲ建議セシニ県庁之ヲ諾セリ。仍テ帰福ノ後、其事情ヲ富田四方介(当時奉書紬製造ヲ試ミ居レリ)ニ議リ、派遣生徒二名推撰方ヲ以嘱ス、富田周旋シテ橋本多仲・竹下ジュンノ両名ヲ挙ケ、同年十月県費生トシテ京都ヘ出シ、二条河原町ニ設置セル(京都府勧業場)織工場ヘ入学セシム。同九年二月、県庁官費生徒ヲ廃シタルニ付、両人修行半ハニシテ帰福ス。此時酒井功再ヒ県庁ニ請願シ、バッタン機具ニ台ヲ県費ニテ買入レ、之ヲ同人ヘ拝借シ、同年四月福井東別院ニ開設セル博覧会場ヘ出シ、前記ノ生徒両名并ニ緑川祐之進(従来奉書紬縞製造者)ヲ使役シ機具運転方ヲ試ム(当時職工未熟ニシテ其功ヲ見ス)其後酒井功、村野近良、緑川祐之進、野路平八ヘ結社シテ機業ヲ起サンコトヲ計ルモ協議和セス。此間毛矢町南端ニアリシ敦賀県勧業分場に於テ、機具使用方ヲ試ミタリ。
同十年春、酒井、村野等、富田四方介、長谷部弘連ノ二人ニ機業会社設立発起タランコトヲ勧ム。茲ニ於テ両人ヨリ有志者岩上岩三郎、水野彦人、川崎金次郎、岩村繁介、富田循良、伊東祐直、村野文次郎、梶川徹介、久我確、縁川祐之進及先キノ四名ト協議シ都合拾四名ヲ以テ株金若干ヲ出シ、織工会社ヲ組織シ、同年四月毛矢町通リニ貸長屋一棟ヲ借受ケ、機具十台ヘ備ヘテ開業セリ(役員ハ、社長村野近良、差配人緑川祐之進、織工教師竹下ジユン)。
此時岩村繁介、富田循良ノ二人ハ、機業伝習差配手伝トシテ専ラ機業ニ従事、入場セリ。
当時会社ノ製品ハ、綾織ハンカチーフ、蝙蝠傘地絹ノ二種ヲ試織セリト謂トモ、織工ノ未熟ナルト、機具ノ完全ナラサルトニヨリ、精良ノ品ヲ製スル能ハス。
又当時ニ始テ該機具ヲ使用スルノ場合ナルヲ以テ、機具ノ不足品アルモ亦破損ノ箇所等アルモ之ヲ修繕スルノ職人ナク、百般ノ事、社員自ラ之ヲ為ササル可ラス。其不便困難等筆紙ノ尽ス能ハサル処ナリ。
同十二年夏、毛矢町十九番地ニ工場新築ヲ計画シ事業ノ拡張ヲ企図スルニ当リ、会々社員中ニ議論ヲ生シテ、二派ニ分ル。其趣旨タルヤ会社創設以来巳ニ一ケ年余ヲ経過セルモ、元資浪ニ費ヘ損失利ニ倍セリ如、斯ノ事業ニ恋々タルヨリ寧ロ廃止スル方得策ナラント云ヒ、又一方ニ於テハ我同族ノ士ハ久シク恩券ヲ居リ座食ノ慣習性トナリタルナレハ、何ノ事業ヲ起スモ最初ヨリ利ヲ見ル能ハサルハ、素ヨリ期スル処ニシテ、元資ヲ以テ該事業ヲ買フノ覚悟ナリ
故ニ今ヨリ一層奮起シテ迂潤ノ弊ヲ矯メ忍耐勉強幣而後巳マントシテ会社ヲ維持スル説ト二派ノ協議調和スル能ハス、茲ニ退社スル者酒井功村野父子緑川祐之進伊東祐直梶川徹介久我確ノ七名ニシテ、残リ七名ハ各自ノ禄券ヲ始メ、家財ヲ挙テ社資ニ投シ、新築工場ヘ転シテ、機台二十挺トナシ一致戮力専ラ業務ニ従事ス、
此時役員ヲ改メ、長谷部弘連ヲ社長ニ富田循良ヲ幹事ニ岩村繁介ヲ差配ニ岩上岩三郎ヲ会計方トシ、漸次製品ノ改良等ヲ計リ或ハ、他府県ニ出テ製織法ヲ研究シ、或ハ都府ヘ製品ヲ携ヘテ販路ヲ拡張シ、艱難辛苦シテ四五年ヲ経過ス、
其間ニ於テ浪費セル元資金額壱萬〇弐百拾円ノ多キニ至レリ、茲ニ於テ全ク該業ノ己ニ成シ得ヘキヲ覚知シ、事業ノ拡張ヲ図ルト雖モ資力漸ク尽キ、他ニ之ヲ需ムルノ方策ナキヨリ、同十六年十一月石黒県知事ニ乞ヒ士族就産ノ為メ恩貸金拝借ノ儀ヲ請願シ置キタル処、同十八年十二月願旨ヲ容レラレ、長谷部弘連外九名ヘ就産資金四千円ヲ貸興セラル、
此時会社ノ組織ヲ改メ、山田卓介外六十九名ニテ同就産資金壱万四千円ヲ拝借シ起業社ヲ設置スルニ際シ、福井有志者中両社ノ合併ヲ企図シ、十八年中ハ右合議ノ為メ事業振ハス恰モ中止ノ景況ナリシ(此間ニ於テハ種々入組タル事情アレモ独織工会社沿革中ノ困難事情ニシテ石黒知事ニモ関係ノ事柄アルニ付略シテ之ヲ詳記セズ)処、両社合併ハ政府之ヲ許サス、
同十九年九月、更ニ分立シテ業務ヲ始ム(是ヨリ先キ同年八月長谷部弘連死死亡ス)、此際会社組織ヲ改メ、株主加談人若干ヲ募集シ役員ヲ改メ、富田循良ヲ取締ニ岩村繁介ヲ監査ニ内田徹ヲ顧問トシテ社業ヲ整理ス、
廿年秋、内田ハ丹生郡長ニ任セラレ、同二十一年一月富田ハ取締ヲ辞シ自家ニ機業ヲ始メ、会社役員ハ岩村ヲ取締兼監査トシ、加談人ニハ岩上、富田、関、村野ノ四名ト定メリ

注:原文は改行や句読点はないが掲載にあたり任意に付加した

 

一覧に戻る

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO