明治繊維産業資料一覧


福井絹織物業の沿革
「福井石川両県下機業調査報告」

 
 資料は明治33年夏、当時東京高等商業学校在学中の三上孝司・出淵勝次(後に外務次官・駐米大使)の両名が福井・石川両県を訪れ、機業の沿革から現況を詳細に調査、報告したものである。
当時の状況を知る上で貴重な資料となっている。

 

明治20年「福井商工便覧」福井職工会社
 

  第 一 章  沿 革

 福井県ハ元来織物ノ産地トシテ藩政ノ頃ヨリ越前奉書紬ノ名世ニ知ラレタリキ、然レトモ当時ニ於テハ紬織ハ唯士族ノ内職タルニ過ギスシテ、従テ其産額モ亦微々タルモノナリキ、且ツヤ此奉書紬ノ来歴ニ付テハ百方研究セルモ荒漠トシテ、更ニ信ズルニ足ルカ如キ材料ヲ得ルニ由ナカリキ、故ニ余輩ハ主トシテ明治維新後ニ於ケル事実ニ付キ調査ヲ遂ゲタリ。
 県下ニ於テ絹織業発達ノ端緒ヲ開キタルハ明治4年ノ頃ニアリトス、当時子爵由利公正氏ハ其欧洲漫遊中蒐集セル幾多ノ絹織物見本ヲ齎シ之ヲ郷里福井ニ於ケル製糸業者及機業者ニ示シ、告グルニ欧洲諸国ニ於ケル機業発達ノ状況ヲ以テシ、此際宜シク在来ノ方法ニ一大改良ヲ施シ益々良好ナル品物ヲ出シ、以テ内ハ国内ノ需要ヲ満タシ外ハ外国品卜競争ヲ試ムベキコトヲ促セリ、威望高キ氏ノ如クニシテ、且ツ新ニ洋行セシ折ノ事トテ、郷人何レモ其言ニ感激シ奮ツテ機業ヲ改良セザルベカラザルノ意ヲ堅フセリ、故ニ氏ノ欧洲視察談ハ偶々福井ノ機業ヲシテ、今日ノ盛アルヲ致サシメタル動機トナリタルモノナリト云フモ、亦敢テ過言ニアラザルベシ。
 然レトモ当時ニアリテハ今日見ルガ如キ便利ナル機具ナクシテ、多クハ大和機ヲノミ使用シ居タルコトゝテ、人々如何ニ欧洲ノ見本ニ依テ色々糸ノ配合ニ苦心セルモ到底満足ナル効果ヲ得ル能ハズシテ、空シク失望落胆ニ沈ミ居リタリキ、然ニ明治5年11月ヲ以テ京都府ヨリ仏国ニ派遣セラレタル機業伝習生佐倉常七・井上伊平ノ両氏ハ、翌6年12月ジヤカード・バッタン等ノ機具ヲ携ヘテ無事帰朝セリ、依テ京都府ニテハ翌7年4月2開設セル第2回京都博覧会ニ之ヲ出品シテアマネク公衆ノ観覧ニ供シタリ、且ツ此年ヨリニ条河原ニ京都府勧業場織工場ヲ設置シ、広ク諸方ヨリ生徒ヲ集メテ佐倉・井上両氏ヲシテ教授セシメタリ、時ニ偶々福井市ノ養蚕家酒井功ナル人、蚕糸製造ノ用ヲ帯ビテ関西各地巡廻ノ途次京都ニ於テ此景況ヲ熟察シ、帰県ノ上県官併ニ有志者卜協議ヲ凝シタル後、翌9年6月ヲ以テ書ヲ県庁ニ呈シ、此際伝習生ヲ京都ニ派遣シテ欧洲式機具ノ用法ヲ研究セシメ、之ヲ県下ニ広メテ在来ノ機業ニ一大改良ヲ施スノ急務ナルコトヲ上申セリ、如此衆議一決シテ直ニ県庁ニ上申スルノ運ビニ至レル所以ノモノハ畢竟時勢ノ然ラシメタル所トハ謂へ、曩ニ由利氏ノ称導セル所深ク人心ヲ励マシタルノ結果ニ外ナラズシテ、氏ガ5年以前ニ述ベタルコト其時ニ及テ漸ク実行セラレタルモノト云フモ敢テ誣言ニ非ルベシ。
 時ニ県庁ニ於テハ銃意生産事業奨励ノ策ヲ講ジ居リシ際ノ事トテ、速ニ有志者ノ請ヲ容レ県費ヲ以テ2名ノ伝習生ヲ派遣スベキコトヲ許可シ、富田四方介氏ヲシテ適任者ヲ撰抜セシメタリ、氏ハ直ニ命ヲ奉シテ当時自己ノ工場ニ於テ技量抜群ナリシ橋本多仲・細井ジユンノ2名推選セリ、依テ同年10月ヲ以テ2名へ愈々京都ニ赴キ、橋本ハ主トシテ機具ノ構造及使用ノ方法ヲ研究シ、細井ハ専ラ織方ヲ学ヒタリ、然ルニ偶々県制改革ノ結果敦賀県廃セラレ其行政区域ハ分レテ石川県及滋賀県ニ属セリ、依テ是迄敦賀県費ヲ以テ派遣セラレタル2名ノ伝習生ハ当然ノ結果トシテ費用ノ出処ヲ失ヒ、修業半ニシテ帰国セザルベカラザルコトゝナレリ、当時有志者ノ機業改良熱ハ盛ナリシト雖、未タ一人ノ奮ツテ費用ヲ支出シ此両名ノ伝習生ヲシテ修業ヲ継続セシムルノ方法ヲ講ズルモノナカリシコソ、真ニ遺憾ノ極ミナリシナレ、斯クテ2名ハ居ルコト僅2ケ月ニシテ11月末ヲ以テ修業半ニ帰国セリ、然レトモバッタン機具タルヤ世人モ知ルガ如ク其構造割合ニ簡単ナルモノニシテ、之ヲ使用スルル方法又頗ル容易ナルカ故、2ケ月ノ修業期短カシト雖モ略機具ノ組方及織方等ヲ心得タリキ、
 是ヲ以テ有志者安ンゾ黙スルヲ得ンヤ、依テ酒井氏外数名連署シテバッタン機具購入費下附ノ義ヲ県庁ニ請願セリ、県ニ於テモ曩ニ敦賀県ノ時代ニ於テ県費ヲ以テ伝習生ニ名ヲ派遣シテ、バッタン機具使用法ヲ伝習セシメタルコトヲ知リ居ルヲ以テ、容易ニ情ヲ酌テ金112円ヲ下附セリ、依テ有志者更ニ応分ノ醵出ヲナシ遂ニ2台ノバッタン機ヲ需メ、翌10年1月ヲ以テ之ヲ福井市石川県勧業分工場ニ据付ケタリ、之ヲ福井市ニ於ケルバッタン機輸入ノ嚆矢トナス、
 次テ4月ニ至リ東本願寺別院ニ於テ勧業博覧会開設セラレタルヲ以テ、右2台ノ機具ヲ出品シ橋本・細井ノ両名、及従来奉書縞紬製造家トシテ名高カリシ緑川祐之進等ヲシテ機具使用ノ実況ヲ公衆ノ観覧ニ供セシメタリ、然レトモ何レモ未タ不熟練ノ事トテ十分ナル効績ヲ表ハサゞリキ、然レトモ其機具ノ軽便ナルコト従来用ヰ来リタル大和機ニ比スルトキハ固ヨリ同日ノ論ニアラザリシヲ以テ、人々ヲシテ此機具ヲ購入シテ機織ニ従事セバ、必ズヤ著大ナル改良ヲナシ得ベキコトヲ悟ラシムルニ足リタリキ、故ニ此有益ナル出品ハ地方機業家ノ改良心ヲ起サシムルニ於テ与テカアリシモノナルコトハ、今日之ヲ断言シテ憚ラザル所ナリ、
 後幾何モナクシテ是迄機業改良ノ為メ非常ニ尽力サレタル酒井功ヲ始メトシテ、緑川祐之進・村野近良・野路平八郎ノ4氏発起トナリ、富田四方介・村野文治郎・富田循良等外数名ノ機業家之ヲ賛成シ、同年7月織工会社ナル一株式会社ヲ組織シ、毛矢町ノ貸長屋1棟ヲ借受ケ機具10台ヲ据付ケ、村野氏ヲ社長ニ竹下ジュン子ヲ織工教師トナシ愈機業ヲ開始セリ、之ヲ福井ニ於テ会社組織ヲ以テ機業ヲ営ミタル始メナリトス、
 斯クテ会社ニテハ専ラ洋傘地・ハンケチ地ノ製織ニ従事セリ、然レトモ竹下教師ハ唯短月日ノ間京都ニテ伝習セシニ過ギサルヲ以テ、自己ニ於テサヘ十分機具ノ取扱ニ慣レザルニ、急ニ多数ノ職工ヲ教育スルコトゝテ其困難一方ナラザリシコト今ヨリ察スルニ余アリ、此不慣ナル機具ヲ使用スルニ不熟練ナル職工ヲ以テセシガ故、其製品ノ粗悪ナリシコト又深ク怪ムニ足ラザルコトニシテ、其成跡モ大和機ニ比シ勝ル所ヲ認メザリキ、且ツ屡々機具ニ損所ヲ生スルコトアルモ其構造ニ付十分ナル智識ヲ有スル者ナカリシカ故、大工或ハ鍛冶ヲ指図シテ適当ナル修理ヲ加フルコト能ハザリキ、
 サレドコハ是レ製織ニ関スル即チ技術上ノ困難ナリシカ、此他製品ノ販路ニ付テモ又非常ナル困難ヲ極メタリ、何トナレバ当時福井ニハ従来ノ関係上奉書紬ノ売買ヲ業トスル者多少コレナキニ非ザリシモ、是等ノ商人ハ時ノ嗜好ニ適セザリシ此傘地・ハンケチ地ヲバ容易ニ引受ザリキ、好シ中ニハ好意ヲ以テ一度ハ引受クルモノアルモ、容易ニ売捌ケザルヲ以テ次回ヨリハ更ニ応ゼサルニ至レリ、故ニ会社ニテハ不得止社員ヲ全国各地ニ特派シテ販路拡張ヲ謀ラシメタリ、依テ福井ノ傘地及ハンケチ地ハ漸ク世ニ知ラルゝニ至レリ、已ニシテ織工モ追々経験ヲ積ムニ従テ織方ニ熟練シ良好ナル物品ヲ製スルニ至レルヲ以テ、信用次第ニ増シ販路愈々拡張シ社運益々隆盛ニ趣ケリ、是ヲ以テ12年7月ニ至リ新ニ工場ヲ建築シテ業務ノ刷新ヲ計ルベシトノ議ヲ称フル者出テタリ、然レトモ此議案本トナリテ端ナクモ社員2派ニ分レタリ、
 一ハ解散派ニシテ其説ク所ハ、昨年4月会社ヲ創立シテヨリ已ニ2年有余月ニ及ブ、而シテ其間工場設備ノ為メ或ハ販路拡張ノ為メ費シタル所実ニ少ナカラズ、然ニ省ミテ収入ニ及ヘバ如何、未タ其費セル額ノ一半ヲモ償フ能ハザルナリ、如此不生産的事業ニ心ヲ労シ財ヲ散スルハ各自ニ取テ不利益ナルハ勿論、地方ノ為メニモ又何等ノ利益ヲ及ボサゞルモノナリ、寧ロ今日ヨリ解散シテ各々旧業ニ復スルノ利ナルニ如カズ云々、
 一ハ継続派ニシテ其説ク所ハ、元来一事業ヲ起スニハ始メヨリ利益ヲ得ルハ難事ナリ、然ルヲ少シノ禎失ニ屈シテ中途ニ廃業スルカ如キハ男子ノナスベキ事ニアラズ、且当会社ノ如キハ今日迄費シタル額少ナカラザリシモ、今ヤ其効績着々現ハレ、福井傘地・ハンケチ地ノ名漸ク世ニ知ラレ注文相次テ各地ヨリ来ルニ至レリ、此際廃業セバ是迄ノ苦心徒ニ水泡ニ帰スベキノミ、且ツ何等顕著ナル事実起ラズシテ地方ノ景況追々萎微振ハサルニ至レルノ時ニ際シ、辛ジテ萌芽ヲ発シタル此機業ヲ廃センカ、是レ一会社ノ不幸ノミニアラズシテ又地方ノ不幸ナリ、今日ハ解散ノ時期ニアラズシテ益々資本ヲ投シテ改良ノ策ヲ講スベキノ時ナリ云々、
 継続派ノ説ク所ハ頗ル当ヲ得タリ、解散派ノ如キハ唯目前ノ利益ノミヲ思フテ将来ヲ思ハザリシモノニシテ、其不明ハ誠ニ憐ムベキモノナレトモ、当時創業ノ際如何ニ苦難ヲ嘗メタルヤハ又知ルベキナリ、而シテ余輩カ当時ノ事情ニ精通セル某氏ニ就キ親シク聞ク所ニ依レバ、当時2派ニ分レタル所以ハ単ニ前陳ノ2理由ニ止マラズシテ、偶々社員間ニ一ノ私情ノ衝突起リ其衝突カ重ナル原因トナレルモノナリト、元来福井地方ハ団結力ニ乏シト称セラルゝ処ナレバ或ハ此説信ナルベシ、然レトモ精確ナル証拠アルニ非レバ、余輩ハ今日彼是卜臆断ヲ下スコトヲ控エ暫ク疑ヲ後日ニ存スベシ、
 2派衝突ノ結果解散派酒井功氏外6名ハ退社シ、継続派岩上岩三郎外6名何レモ元高百石以上ヲ食ミタル士族連ハ会社ニ止マリ、家財ヲ集メテ資本ヲ増加シ工場ヲ新築シテ機具ヲ20台ニ増シ、長谷部弘連氏ヲ社長ニ富田循良氏ヲ幹事トナシ、更ニ社員ヲ各地ニ派遣シテ販路拡張ヲ謀り、又染色製織ノ方法ヲ研究セシメ益々機業ノ改良ヲ講セリ、此分裂ハ一大反動ヲ起シ益々継続派ノ意気ヲ鼓舞セシメタリ、此時ニ於テ若シ此継続派ナカリセバ福井機業或ハ今日ノ発達ヲ見ルコト能ハザリシナラン、当時万難ヲ排シテ其主張ヲ貫キシ7氏ノ功績コソ、実ニ福井機業沿革史中特筆大書スベキモノナレ、
(以下続く)

 

一覧に戻る

 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO