明治・大正・戰前期に福井経済を牽引した起業家や経済人の事績
■TOPへ戻る■一覧に戻る
   
眼鏡産地の基礎を築いた先覚者
増永 五左衛門
 (ますなが ござえもん)

 現在、鯖江市を中心とする本県の眼鏡産業は、他の追随を許さない国内の生産額の90%以上のシェアを誇っているが、眼鏡枠生産が福井に誕生したのは明治38年のことで、文殊山麓に位置する麻生津村生野(現福井市)においてであった。
 その基礎を築いたのが、増永五左衛門である。
五左衛門は明治4年9月生野の豪農増永家に生まれた。若くして村会議員などを務めながら村の発展に尽力してきたが、農業以外で村の発展に寄与し収入に結びつく仕事を定着させることが永年の願いであった。

 五左衛門は最初「羽二重」に着目したという。明治20年に桐生から技術者高力直寛を招聘することにより福井に羽二重織技術が伝わると、羽二重はまたたくまに嶺北全体に波及し、この頃には足利・桐生を凌ぐまで に成長を遂げていた。五左衛門も地元に2階建ての織物工場を建て織物業への進出を目指したが、その直後に「明治33年恐慌」が福井の織物業界や銀行を直撃、この計画は失敗に終る。加えてこの恐慌が生糸への投機が原因であったこともあり、織物業に対する熱は冷め たものとなってしまった。しかし、織物に代わる新たな仕事は容易には見つからなかった。

 転機は明治37年暮れにやってきた。大阪に出ていた10歳下の弟幸八が、眼鏡枠製造の情報をもたらしたのである。五左衛門は再度の失敗は許されないため、自ら大阪に出向き、幸八の情報源である東区唐物町の橋本清三郎を訪ね情報収集するとともに、自分で地元工員の募集にあたるなど慎重に準備を進めた。そして大阪から米田与八ら3名の職人を招いて事業を始めた。明治38年6月1日のことであったという。最初は安い真鍮枠から始めた彼らだがすぐに習得、その翌年には名工といわれた豊島松太郎を招いて引き続き技術向上に努め本格的な生産に乗り出していった。「銀縁枠」や「赤銅枠」を伝授したのはこの豊島である。とはいえ、当初は苦難の連続で、生産体制が軌道に乗ったのは3年後の明治41年ごろといわれ、この間の苦労は並大抵のことではなかったとされている。

 明治44年8月内国共産品博覧会で「赤銅金ツギ眼鏡」がはじめて有効一等賞金杯を受けるに至る。
 また、昭和7年には日本産業協会から産業貿易功労者として表彰を受けている。

 増永工場の成功は初期の技術投資と「帳場制」といわれる独自の請負制度にあったとされる。「増永一期生」といわれる技術者の下に製造グループを編成し、切磋琢磨しながら品質向上に努めたのである。この一期生の人達が、次々と眼鏡事業を起こし次代の人材を養成したのである。

 昭和13年5月五左衛門が病に臥すと、関係者から「増永五左衛門翁顕彰碑」の話が持ち上がりその年12月に除幕式が執り行われたが、それを見届けるように12月21日五左衛門は68歳の生涯を終えた。
 五左衛門の顕彰碑は生野集落の南端にある。「福井県眼鏡元祖之園」として関係者によって大切に保存整備されている。

 

Copyright (C) 2007 H.Okuyama All Rights Reserved
(初出 「福井商工会議所報」Chamber 2007年2月号)
取り上げて欲しい経済人・企業人はMailにてリクエスト下さい
掲載されている人物に関連する情報・資料・写真をお持ちの方もMailにて是非ご連絡下さい
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO