史のみえる
  ■■■福井市内にみられる 中世・近世・明治・大正期の残照■■■



橋近辺( ふなばしきんぺん 福井市舟橋)
旧北陸道の交通の要所、幾度もの戦を見る

 福井市の中心を南北に走るフェニックス通りは、市のメインストリートとして、多くの車が行きかっている。その通りが九頭竜川とぶつかるところが、天正年間に柴田勝家が、越前浦々から48艘の舟を 集め、刀狩の鉄で作った鎖で繋いだ「舟橋」が架けられていたところである。今回はこの舟橋近辺の歴史についてとりあげてみる。
 舟橋の地名は、柴田勝家の架橋以来つけられたとされており、それまでは、「黒竜の渡し」と呼ばれ舟渡し場であった。旧北陸道のルートとも一致していて、舟橋や対岸の稲多には、盛り場や宿場町が形成されていた。

 さて、この辺りの歴史を見てみると、川を挟んで街道の要所ということで、渡河点となっていたことから合戦場として史書に出てくるケースが多い。
 まずは、12世紀半ばの源平時代、木曾義仲が北陸路から京へ攻めこむ時、この辺りが戦場となったとある。また、14世紀南北朝時代には、足羽七城のひとつ勝虎城が現在の舟橋南詰下河川敷あたりにあったとされ、それをめぐる攻防が太平記にでてくる 。
 また朝倉氏の時代には、加賀一向衆と朝倉が河をはさんで激戦を繰り広げたともある(永正三年の九頭竜川大会戦)。

 信長の越前平定後、柴田勝家の支配となって、舟橋が架けられるようになると、ここには、橋奉行が置かれた。柴田時代は福岡七左衛門等が、江戸時代となると四天王家が世襲しており、今もその記念碑が舟橋跡の碑の横に建っている。奉行所は、先ほどの勝虎城の跡にあったとされている。
 江戸期の福井藩主松平氏も舟橋の制度を受け継ぎ、この頃の記録には、舟48艘、橋の長さ120間、鎖520尋、毎年修理を加えているとある。出水の時は舟橋を撤収する決まりとなっていたが、舟を流失することもしばしばあった。舟橋の地はこのように、街道の宿場町として舟橋とはきってもきれない関係で発展してきたが、明治8年に現在の場所に架橋され、舟橋もその時廃止されている。明治11年、明治天皇が北陸巡幸の折り、対岸の稲多宿にあった坂口平助方で休憩されており、その記念碑が稲多町の堤防の中に立っている。

 現在の舟橋は、福井市中心部から坂井郡方面へそして、坂井郡方面から中心部へ交錯する車で、息も付けない位の混雑ぶりで、時代は変わっても交通の要所としての機能は変わっていない。
 橋のたもとの舟橋の記念碑や、勝虎城や橋奉行所があったとされるテニスコートのあたりに立って、橋をゆきかう車をながめていると、今ではなにげない街の風景になってしまった舟橋の歴史の重みと、うつりゆく時の流れの早さを身にしみて感じられる。
 

地図はこちら
 

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2002 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか歴史のみえる風景一覧へリンクして下さい。.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO