史のみえる
  ■■■福井市内にみられる 中世・近世・明治・大正期の残照■■■


林寺( ぜんりんじ 福井市 足羽徳尾町
 越前で客死した戦国期随一の学者清原宣賢が眠る地


 禅林寺は福井市の南端にあたる徳尾町の文殊山麓にある。市民には、現在も境内から湧き人々を潤し続けていている名水「甘露泉」の寺として親しまれているほか、福井県指定史跡である清原宣賢墓所としても知られている。
 開山は普済善救(ふざいぜんきゅう)【府中竜泉寺の開山通幻寂霊(つうげんじゃくれい)の門下】で応永12年(1405)徳尾の白沢永幸(びゃくたくえいこう)に招かれて当寺を創立した。

 当代随一の国学者、儒学者と評された清原宣賢(のぶかた)は、京都吉田神道家の吉田兼倶(かねとも)の子として文明7年(1475)に京に生まれ、清原宗賢の養子となり儒学者の道を歩む。後奈良天皇の侍読(教授)も務め、大永2年(1522)侍従、同6年には正三位となったが、享禄2年(1529)出家した。

 朝倉氏とは関係が深く、4代孝景の招請に応じて何回かにわたり越前に下向、晩年は一乗谷に居住し、ここで過ごした。
 戦国四代となる孝景(戦国初代孝景にあやかって初代と同じ孝景を名乗った)の時代は朝倉氏の治世が一番安定した時期で、室町幕府内での地位も、享禄2年の将軍御供衆にはじまり、天文4年には塗輿御免、その3年後には御相伴衆に列した。また、一乗谷には多くの僧侶、学者、連歌師が京から訪れたが、中でも清原宣賢は朝倉氏やその家臣に積極的に儒学や「日本書紀」などの古典を講義して、一乗谷文化に大いに貢献した。

 天文12年には孫にあたる枝賢(しげかた)が北国見物をかねて一乗谷の宣賢を訪れたが、その時の旅日記『天文十二年記』は、当時の様子を伝える貴重な資料となっている。
 4月20日都を旅立ち、24日に一乗谷に到着した枝賢は宣賢と会った後、朝倉館にも参上、29日には当時の一乗地区の「繁華街」であった阿波賀を見物し、5月5日には府中に総社の祭を見物するため出かけている。一乗谷に戻ってからは祖父の講義を手伝ったりもしているが、これ以降の部分は現存しない。

▼名水「甘露泉」 ▼清原宣賢墓

 天文19年(1550)7月12日一乗谷で客死し、当寺に葬られたという。

 昭和48年には朝倉氏遺跡調査研究所が実施した一乗谷調査の際、八地谷からも清原宣賢の一石五輪塔墓碑が発見されている。

 寺は近世に入って長松院(結城秀康生母)の保護を受け、秀康の家臣梶原氏の菩提所ともなり、現在も境内には梶原氏およびその兄弟の五輪塔が残っている。
 

   地図はここです


TOPへ戻る一覧に戻る


(初出 「福井商工会議所報」Chamber 2006年6月号)
Copyright (c) 2006 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか歴史のみえる風景一覧へリンクして下さい。.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO