史のみえる
  ■■■福井市内にみられる 古代・中世・近世・明治・大正期の残照■■■


 ふるさと福井は、古代より「越の国」として栄えていたため、歴史的に由緒ある場所や風景が少なくない。 また江戸時代は、越前松平家の城下町として北ノ庄城(福井城)がおかれるなど、城下町として、全国でも誇りうる有数の歴史が薫る都市であっ た。
 戦災及び震災という二度の災害により、その遺産の多くが失われ、往時をしのばせる街の面影・遺構はあまり残されていない。

  それでも日頃なにげなく通り過ぎている所が、実は大変な歴史的由来を持つ場所であったりする。そんなところが本当に多い。
  これらを「ふくい歴史の見える風景」と題して、紹介していきます。

 

*掲載記事の一部はPDFでも公開しています 奥山研究室こちらを参照ください

 

TOPへ

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO