■■■南北朝から室町期、第一の家格を誇った管領斯波氏
(越前・尾張・遠江守護)の事績紹介を扱っています。
■■■

       
  奥州斯波氏(上)

〜 斯波氏の奥州支配と滅亡まで 〜

*本稿は「講演・講義・原稿」の再掲です

町期に斯波氏は最高の家格を誇ってい ました。斯波氏といえば斯波高経、正確には足利尾張守高経や高経の子で三度管領について室町幕府の重鎮、名管領として名を馳せた斯波義将(しばよしまさ、よしゆきともいいますが)を知る人も多いと思います。
 南北朝・室町時代のはじめは「将軍と同格」を称し、「一門第一の家格」といわれた名族ですが、その斯波氏の斯波の名の由来は、源氏のゆかりの地でもある「奥州斯波郡」にあります。現在の地名でいいますと、岩手県盛岡市の南から紫波郡を含む広大な地域であったと推測されます。
 もっとも、斯波氏が足利の姓をやめ斯波を名乗るのはもっと後、南北朝の中頃ですが、ここでは混乱をさけるため、はじめから斯波氏で統一することにします。

 話は鎌倉時代に遡ります。

 利氏は代代北条得宗家から正室をもらい、北条氏とも関係が深かったわけですが、また、源氏の後継として反目も大きかったと思われます。それが表面化したのが足利泰氏の時です。
 反北条得宗に立つ名越流北条氏の娘との間に家氏をもうけるなど 反北条色を強めますが、北条得宗の巻き返しも強く、これ以上緊張することをさけるため得宗家から室を娶り、三男頼氏を設け 、家督はこの弟頼氏に継がせます。しかし、源氏ゆかりの地「奥州斯波郡」は、名越の娘との間にできた兄の家氏に分知したわけです。これは泰氏の北条得宗に対する最後の抵抗だったのではないでしょうか。
     (足利、斯波の系図を参照のこと)

 もっとも、この時代、斯波氏が直接奥州斯波の地に下向したことはなく、実質は家臣を代官として派遣して、支配を委ねるかたちをとったと思われます。家氏が斯波に下向して、高水寺城に居住したとの地元の伝承もありますが、そのような事実はなかったと考えられます。
 なぜなら、斯波氏の祖といわれる家氏は、父の泰氏の出家後、関東御家人として幕府に出仕するとともに、足利宗家の当主が若年続きということもあり、本家の後見役、足利一門の代表を努めており、とても鎌倉を離れることなどできない状況にありました。逆にこのことが、源氏ゆかりの斯波郡を領有したこともあり、 数ある足利一族のなかでも特別な家格を得ることに繋がるわけです。

 は一気に南北朝にとびますが、鎌倉幕府が倒れ、建武の新政がはじまった元弘3年(1333年)8月5日 、後醍醐帝は関東を牽制し、東北支配を強めるため、僅か16才の北畠顕家を陸奥の守に任じ、10月20日、顕家は義良親王(後の後村上天皇)を奉じ、父北畠親房とともに奥州に下向し11月上旬多賀城に入りました。
 多賀城は仙台市と塩釜市のほぼ中間に位置し、当時は東西で800m 、南北で1kの大きさがあったとされています。仙台駅からJR東北線に乗り換え、3番目の駅「陸前山王」でおり、大体1.3K歩きますと、丘陵と河川を利用した多賀城跡につきます。

 さて、顕家は2年にわたってこの地で奥州支配に全力をあげることになるわけですが、これは、足利尊氏にとって大きな脅威でありました。
 朝廷の権威を背景に、公家のホープが奥州支配を固めるのをだまって指を咥えているわけにはいかないわけです。このため東北に支配地を有し、かつ、顕家に対抗できる権威として、建武2年(1335年)8月30日、足利一門最高の家格を誇る斯波高経、この時は越前守護に就いていたわけですが、この高経の嫡男斯波家長を奥州管領として奥州への下向を要請し ました。直後、家長は斯波の宿老(重臣)達を引き連れ、途中多賀城を見ながらさらに北上し、斯波郡に入りました。この時、顕家は18歳、家長も15歳という若さでした。

 長は斯波郡に入って武家方の兵を募り、顕家の牽制にでました。奥州斯波郡が斯波氏の支配に属してから初めての斯波一族、それも嫡男の下向に 、佐竹氏相馬氏、それにこれまで顕家に従っていた伊賀氏など斯波氏に集まる兵も少なくはなかったのですが、いかんせん時間があまりに少なすぎました。
 この頃尊氏は鎌倉で反後醍醐の旗色を鮮明にして、尊氏追討のため京から派遣された、新田義貞と12月12日箱根一帯で戦い、これを破り、新田軍を追撃するように京へ攻め上ります。

 一方、顕家は12月22日には尊氏追討の勅命を奉じ多賀城を出発、家長はこれを牽制するために出陣、23日、また26日と連続して顕家軍と 戦かっているも、顕家の奥州軍の動きは速く、南下を阻止することはできませんでした。このため顕家軍を追って家長の斯波軍も奥州を出発します。東海道筋を京へ進撃する尊氏軍、それを追って奥州から京に向かう顕家軍、さらにそれを追って家長の斯波軍が続くという展開です。

 て尊氏軍は、建武3年1月1日、近江勢田川で後醍醐派の千草や名和長年らの軍と衝突、 1月10日には京都に突入、後醍醐帝は近江坂本に逃れます。しかし、顕家の奥州軍の動きは素早く、京都陥落の3日後13日には琵琶湖の東に到着、翌14日には坂本の後醍醐帝に拝謁し、戦闘に乗り出します。この戦いの詳細はここでは省略しますが、1月27日には足利軍を打ち破り京都に突入、30日には尊氏は京を脱出し、その日のうちに後醍醐帝は京に戻っています。

 一方、顕家軍を追って奥州斯波を出発した、家長軍はすでに顕家軍が後醍醐帝と合流したことを知り、追うのをやめて鎌倉にとどまります。この判断が、後に大きく響いてくるのですが、それはまた後で説明します。
 他方、京を追われた尊氏は追撃を振り切り九州に逃れますが、ここからが尊氏の非凡なところです。逃れるにあたって有力な一族や武将を四国や中国地方に配置し、自分は弟直義やほんの一握りの兵だけで九州に逃れます。再び京に攻め上る布石を、きっちりと行なっているわけです。

 た、鎌倉にとどまった斯波家長には、奥州だけでなく関東全域も管領させ、特に京に滞在する屈強の顕家軍を奥州に戻すため、奥州工作を活発化するよう指示を出したものと思われます。
 このため顕家不在の奥州は騒がしくなり、3月下旬顕家軍は奥州に戻るため、早々と京を出発せざるを得なくなります。戻る途中、鎌倉近くで迎撃にでた斯波軍と合戦するも、もともと、奥州に顕家を戻すことが目的のため、その後も各地で小競り合いはあるもの の、大規模な戦もなく、5月末顕家は多賀城に戻ります。

 しかし、この時、もうすでに、尊氏は九州から再起を果たし、5月25日には湊川の決戦で新田軍、楠軍を打ち破り、さらに進撃、顕家が多賀城に帰着する同じころ、27日には後醍醐帝は比叡山に逃れざるをえなくなります。顕家軍がもう少し京にとどまっていたら 、というのが宮方の正直な気持ちでしょうが、それをさせなかったあきらかに尊氏の戦略勝ちです。
 この後、一旦は比叡に逃れる後醍醐帝ですが、尊氏の圧力のまえに屈し、降伏を余儀なくされるものの、その後吉野に逃れ、「一天両帝」の本格的な南北朝の対立時代に入ります。そして、新田義貞はこの越前で守護の斯波高経と、北畠顕家は高経の嫡男斯波家長配下の足利軍と奥州で厳しい対立抗争を繰り広げることになります。

 かし、時代は確実に足利方に流れ、奥州においても顕家は多賀国府の維持を断念し、建武4年1月8日霊山に移ります。後醍醐帝からは繰り返し京都奪還の命が出され、戦況はかならずしも良くない中、 やむなく8月11日意を決して、6千騎で奥州霊山を出発します。それでも、かって足利軍を圧倒した顕家の名声は高く、途中在地の武士団も加わり、10万の軍隊に膨れ上がったと太平記は書いていますが、これはいくらなんでも誇張しすぎでしょう。
 目指すは京都、しかし、その前には武家方の拠点で、尊氏の子で後の2代将軍となる義詮と陸奥の守・斯波家長がいる鎌倉があります。家長はこの半年前の3月に、北朝から改めて陸奥の守に任じられており、鎌倉にあって鎌倉府の執事もかね関東、奥州全体に責任を持つ立場にありました。
 鎌倉にはその他上杉や桃井その他一族も配置されており、顕家軍阻止に鎌倉を出撃し、12月20日利根川をはさんでの激突となりました。結果は顕家軍の大勝で、鎌倉軍は兵を引き 、鎌倉の守りに徹することとなります。しかし鎌倉方の戦意は乏しく、顕家軍が迫ると大した戦闘もなく義詮とともに戦線を離脱します。

 て、顕家軍はこれまでの鎌倉攻めとは違って、東の「朝比奈切り通し」から鎌倉に攻め入ったと考えられます。鎌倉軍は逃亡したものと思い込んで進撃したとき、その前方に突然とき声があがりました。朝比奈の切り通しから鎌倉中央に入るまでのところにある杉本城に斯波軍が立て篭もって守備していたのす。
 鎌倉に行かれたことのある方は、杉本観音に足を延ばされたこともあると思いますが、この杉本観音の背後の裏山が杉本城の跡です。現在は立ち入り禁止区域となっておりますが、天然の急斜面や崖を活用したかなり広範囲な中世の山城であったと考えられます。
 また立地的にも、ふもとに金沢街道が通り、滑川が流れ、背後の山麓に出城を設けると強固な防御施設となります。中心部からはちょっとはなれていますが、近くには鎌倉時代の足利屋敷の跡地(室町時代は鎌倉公方の御所も置かれた)や足利氏が建立した浄妙寺もあります。

下に続く

TOPへ一覧へ戻る


Copyright (c) 2001 H.Okuyama. All rights reserved.
本稿はFBCラジオ講座「奥州斯波氏」(2001年7月1日放送)の一部を省略・要約し 、一部は加筆したものです。

*本稿は「講演・講義・原稿」の再掲です

         

 

 

 

 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO