領家波氏 (しばし)

■■■南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏■■■

 

動乱の武衛・斯波義敏

 斯波氏は「将軍と同格」「第一の家格」といわれ、三管領筆頭でその当主は武衛と呼ばれたが、義敦以後早世する者が多く、享徳元年(1452年)九月斯波義健が若くして没したときには嗣子がなく、そのため庶流の越前大野家斯波持種の子義敏が養子となり、宗家を継承することとなった。十一月家督継承に伴い従五位下・左兵衛佐に補任される。この時十八歳であった。
 後に応仁の乱の火蓋を切る武衛・斯波義敏の誕生である。

  このころ斯波氏の分国は越前・尾張・遠江とほぼ固定していたが、名族で三管領筆頭の斯波氏は京での政務が中心で、分国経営は宿老の甲斐氏、織田氏、朝倉氏その他に任せきりで、特に守護代甲斐氏は斯波家の執事を兼ねていたから実質的な権力は甲斐氏の当主(甲斐常治) が握っていた状態であった。
  甲斐氏はまた、斯波氏が「将軍と同格」なら、守護代(執事)でありながら「管領と同格」扱いで、陪臣でありながら、毎年室町将軍の行幸を得られる家格で、このような事例は甲斐氏以外には見出せない。

 しかし、庶流出身の義敏は京屋敷と越前を行き来していたと考えられ、越前の事情に詳しく、甲斐氏の専横ぶりは主家をないがしろにしているとしか写らなかった。一方越前の国人層たちは、甲斐氏や朝倉氏らが力を増すなかで、圧迫され危機感を 持っており、力の保全をはかるため守護義敏本人に接近するのは当然の成り行きであった。

 その国人層の中核を担ったのが堀江石見守で、義敏は他に甲斐常治の弟甲斐近江守を味方として常治に対抗し、康正二年五月幕府に常治の専横を訴えた。が、結果は 予想外の敗訴となり、怒って菩提寺東山東光寺に篭った。

 三管領筆頭の武衛(斯波氏)の「引き篭もり」は幕府にとっても大きな問題で あった。特に鎌倉公方足利成の追討が政治課題となるなかで、奥州斯波勢(奥州探題大崎斯波氏、羽州探題最上斯波氏など) の北からの圧力を期待できる斯波義敏は、この追討の総大将が予定さてており、長禄二年二月将軍義政の命で、甲斐方は義敏方国人へ所領を返納することで和睦となり、武衛(義敏)も幕府に出仕した。しかし、根本的な対立が解消されたわけではなく、逆に返納をめぐって両者の争いは越前国内で激しくなった。
 最初は甲斐方有利であったが、義敏を強く支持する堀江石見守利真が越前に下国すると、甲斐方を追放して制圧下においた。そのような中で、十一月武衛義敏に対して、幕府は ついに関東出陣(足利成氏追討)を命じたのである。しかし、義敏は越前国内の動静がなお不安定であるため、一万の兵を率いて 出陣はしたものの途中の近江に留まり、翌年五月突然兵を越前に向け、敦賀城を押さえる甲斐氏を攻撃する。しかし、逆に大敗を喫し、将軍義政の怒りを買う破目となる。結果、家督を剥奪され 織田新左衛門尉澄秀などに供奉され周防の大内氏を頼って没落、そして、越前国内でも八月甲斐方と堀江方との最後の決戦が和田で展開するが、朝倉孝景の奮戦で甲斐方の圧勝に終わった。
 この越前での一連の戦いを「長禄合戦」という。

 義敏の没落後、斯波氏の家督は義敏の子で三才の松王丸(後の義良)に継承されたが、寛正二年幕府の命令で松王丸も 廃され、代わって足利一門で斯波氏とも関係の深い渋川義鏡の子が、 曾祖母が斯波義将の娘ということで、斯波氏を継ぎ、家督とされた。これが斯波義廉である。甲斐氏は斯波家の執事も兼ねて おり、甲斐氏の力の源泉は、畢竟、将軍と同格の斯波氏の執事に起因するものであるから、義敏とは「犬猿の仲」であってもその子の松王丸まで排除する積極的な理由はなく、 背後には、鎌倉公方の押さえに渋川氏を活用したい将軍義政の意向と、朝倉氏など斯波被官が鎌倉公方攻めで渋川氏と関係を深めた大きな反対はないとの読みがあったと推測される。

 しかし、このことが、次なる問題を引き起こすことになる。子の松王丸が廃されたことを知った義敏は強力な赦免・復帰運動を起し、寛正六年十二月京に戻り、義廉と家督争いを演じることになるのである。
 このため義廉も危機意識を持ち、京には甲斐氏・朝倉氏・二宮氏の被官人がかなりの数いたが、さらに尾張守護代織田氏に命じて軍勢を追加召集し、一触即発の状態となった。
 そして、文正元年七月、斯波氏の家督が将軍義政から再び義敏に与えられ、三国守護職も還付されると、義廉を支持する甲斐氏、朝倉氏、織田氏と義廉を娘婿とする山名宗全は猛反発しこれを排撃、結局二十日で義敏は解任され(文正の政変)、近江さらに越前に逃れた後、細川勝元らとともに東軍として応仁の乱の口火を切った。
 一方の義廉は、改めて家督とされ管領に就任し、西軍の主将として活躍することになるが、やがて中立を保っていた将軍義政が東軍に傾くと、家督剥奪、管領も解任され、さらに義廉を支持していた朝倉氏 、甲斐氏もつぎつぎと東軍に帰順し孤立、歴史の舞台から消えていくことになる。

 義敏は、越前支配に乗り出し、家督も還付され、「武衛」の権威で一時は越前をかなり押さえるものの、結局は東軍に寝返り同じ陣営に属することとなった朝倉孝景に越前を奪われ、 鄭重に京に送り返されることになる。 

詳細は 戦国越前を支配せよ(上) (下) 朝倉氏の越前制覇をめぐる合戦場を訪ねてを参照

 文明十一年、斯波義良(成人した松王丸)は、朝倉退治を掲げ 、甲斐氏、二宮氏を引きつれ越前に下向したが、この時父の義敏も一時出陣したとされ、この出陣中に斯波氏嫡流の事績と義敏の嫡家相続の次第を「家譜」として書き残し ている。
 しかし、戦闘はいつ果てるともなく続いており、京を長期に空けられない名族の宿命であろうか、一人京に戻っている。 そのような中越前では、文明十三年七月傑物朝倉孝景の死で 朝倉氏も一時窮地に陥ったが、一族あげて反撃に転じ、ついに斯波氏、甲斐氏、二宮氏を加賀に没落させ、越前支配を固めていく。
 やがて、嫡男の義良も越前から引き上げざるを得なくなる。

 その後義敏は武衛家督を子の義良(後に義寛と改名)にまかせ、京での義敏自身の活動は勘解油小路殿として文芸が中心となり、文明十七年義政に合わせて出家(道海を称す)し、永正五年十一月十六日七四才で没している。晩年は歌を好み、「新撰菟玖波集」に連歌七首が選ばれている

 

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2003 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか管領家斯波氏一覧へリンクして下さい。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO