領家波氏 (しばし)

■■■南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏■■■

斯波氏歴代当主(高経以降)

1

斯波高経

南北朝期足利尾張家当主で、足利幕府創設に功績

2

斯波義将

高経四男、高経嫡男家長鎌倉にて戦死で家督

3

斯波義教

幼名義重、義将嫡男

4

斯波義淳

義教嫡男

5

斯波義郷

義淳嫡男早世のため義教次男で家督

6

斯波義健

義郷嫡男

7

斯波義敏

庶流大野斯波持種の嫡男、義健に子がなく宗家に養子に入る 。重臣と対立し将軍義政の怒りに触れ家督剥奪。家督争いは応仁の乱のきっかけとなる

8

斯波松王丸

義敏嫡男、義敏追放のため幼児で家督、後に将軍義政の思惑で僧籍に入れられ剥奪、後の義良(義寛)

9

斯波義廉

渋川義鏡の子、鎌倉府への対抗に渋川氏を活用したい幕府の思惑と、曾祖母が斯波義将の娘ということで強引に斯波家の家督を継がされる。

10

斯波義敏
(再)

赦免交渉実り、義廉から家督奪還、しかし、文正の政変で京を没落、応仁の乱では東軍として越前に下国して戦闘する

11 斯波義廉
(再)
文正の政変で義敏が没落、家督復帰し管領就任、応仁の乱勃発後も西軍管領に留まり、西幕府を主導した。
12 斯波義敏
(再々)
義廉の管領解任、家督剥奪で三度家督
しかし、越前を朝倉氏に押領され、不本意ながら上洛
晩年は文化人として過ごす

13

斯波義寛
(再)

義敏嫡男、幼名松王丸、成人して義良、後義寛を名乗る。名族の末裔として、越前と遠江で激しい奪還戦を展開

14

斯波義達

義寛嫡男、遠江奪還戦を指揮するも失敗、これ以降尾張守護職のみ

15

斯波義統

義達嫡男

16

斯波義銀

義統嫡男、信長に追放され滅亡

 

 詳細な事績、当主以外の事績も順次掲載します

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2002 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか管領家斯波氏一覧へリンクして下さい。.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO