領家波氏 (しばし)

■■■南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏■■■

 

斯波氏とは

 和源氏足利氏一族の名族で、室町幕府の管領家(三管領筆頭)。
 代々の当主が尾張守、また兵衛督、兵衛佐に任ぜられたので、尾張家とも兵衛の唐名をとって武衛(ぶえい)家とも呼ばれる。

 は足利泰氏(やすうじ)の長男足利家氏(いえうじ )、母は名越流北条氏である。後、泰氏が北条得宗家から室を娶ったため、足利氏の家督は得宗家の室が生んだ弟頼氏(よりうじ)が継ぐが、その後幼少の足利氏当主が続いたため、家氏は足利一門を代表する立場に置かれ、関東御家人として活躍し、名族としての基礎を築いた。

 氏は陸奥国斯波郡を領有したことにより、この系統は、後に斯波氏を称するにいたるが、それは室町期に入ってからのことで、南北朝の争乱時、室町期初期は、まだ足利の姓のままであった。
 家氏の曾孫が高経(たかつね)で、足利尊氏と同い年で南北朝期に活躍。 越前、若狭などの守護となり、新田義貞の討伐などで功績をあげた 。足利一族の中でも特別家格が高く、「第一の家格」とも「将軍と同格」とも言われていた。尊氏死後、権力を斯波一族に集中し幕政を管領した。

 なお高経の弟家兼(いえかね)は奥州探題となり大崎氏を、また家兼の次子は羽州探題として最上氏を称した。

 経の子義将(よしまさ、よしゆきともいう)は幕府の重鎮として前後三回管領を務め 、細川頼之とともに 将軍義満を助けて幕府の基礎を確立した。
 斯波を名乗るのはこの義将以降からで、尾張、遠江、信濃、若狭、越前、越中、能登、佐渡の8国の守護を歴任し、斯波氏の最盛期を創出した。
 このころから幕府の管領は斯波、細川、畠山の三家から選ばれるようになり、三管領と称し、斯波氏はその筆頭となった。

 その子義重(よししげ、後に義教を名乗る)も,応永の乱に大内氏を討った功により尾張、遠江の守護職を与えられたのをはじめ 、管領としても大いに勢力をふるい、やがて斯波氏の領国は越前、尾張、遠江の三国として定着した。

 の後、斯波氏の正統が絶えると、庶流である大野の斯波持種の子義敏(よしとし)がはいって宗家を相続するが、義敏は実力者の越前守護代甲斐氏をはじめ重臣層と対立した ことや、幕府の思惑もあり、傍系から渋川義鏡の子義廉(よしかど)が家督を継ぐに至り 、斯波氏は二流に分かれ家督争いを展開する。これが、畠山氏の家督争い、将軍後継をめぐる争いを巻き込んで応仁の乱へと発展し、越前を家臣の朝倉氏に、遠江を今川氏に奪われ、ようやく尾張守護職のみ保持したが衰退は免れなかった。

 後の当主となった義銀(よしかね)は名前だけの尾張守護で、織田信長に推戴されたが (「信長公記」に若武衛様、武衛様として登場する)、後、追放され滅亡した。
 

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2002 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか管領家斯波氏一覧へリンクして下さい。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO