領家波氏 (しばし)

■■■南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏■■■

 

武衛陣跡を訪ねて(斯波氏追想)

 南北朝期、斯波氏(足利尾張家)は、足利将軍家と同様名字不記載の「第一の家格」を誇り、また後には三管領(斯波・細川・畠山)筆頭として幕府に重きを なしたが、義将以降当主が左兵衛督になったこともあり、当主のことを兵衛府の唐名をとって「武衛」(ぶえい)と呼んでいた。

 斯波氏は高経時代(南北朝初期)には、七条東洞院に屋敷があったが、二代将軍義詮に三条坊門御所を建築し、みずからのその近くの三条高倉に屋敷を移した。周辺には一族、家臣の宿所も多数設けられ事実上幕府を制した。しかし、貞治の政変でこの屋敷を自焼させ、越前に下り、杣山で病没。

 跡を継いだ義将は、京に戻り、将軍の赦免を得て斯波氏は復活する。
 その義将時代に、室町通り・勘解油小路に邸宅を構えたため、義将を「勘解油小路殿」(かでのこうじどの、平安朝の「かげゆこうじ」を室町期は「かでのこうじ」と呼んだ)と呼ぶよ うになるが、いつしかこの地と邸宅を武衛の名をとって「武衛陣」と呼称するようになった。

 現在も京都御所の西、烏丸通りから1本西に入った室町通り沿いに「武衛陣町」という町名で残っている。
 現在は平安女学院が建っており、敷地の一角には大正五年に京都市教育会が建立した「此の付近斯波武衛陣」の石碑が、あまり目立たないが建っている。
 当時の大きさは東が烏丸通り、西が室町通り、北が下立売通り、南が椹木町通りで正門はもちろん室町通りにあった。

▼自転車置き場の石碑
 学校ならもう少し石碑を鄭重に扱かったらと思う
▼町内会が設置した街角の消火器
 武衛陣町の名前が残っている
▼勘解油小路側から見た平安女学院 ▼室町通りと平安女学院(左)

 武衛陣は、応仁の乱で大半の武家屋敷や寺院が焼失するなか、度重なる攻撃を撥ねかえし最後まで持ちこたえ、戦国期の初期まで使用されたが、やがて、武衛が尾張に下向したまま京での政務を放棄したため、将軍家の別邸として利用されたと考えられる。
(洛中洛外図の「武衛」はそのころの描写であろう)

 戦国時代に入って、将軍義輝は、幼年の一時期居住したこともある武衛陣に新御所を建設し、幕府再建に取り組んだ。
 また、最後の足利将軍義昭の二条城もこの地に建立された。

▼室町通りを挟んで義昭の二条城跡碑がある ▼室町通りを北進すると室町第(花御所跡)碑がある

地図はこちら

京・武衛陣の変遷はこちらを参照
 

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2003 H.Okuyama. All rights reserved.
写真 2001-2003
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか管領家斯波氏一覧へリンクして下さい。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO