領家波氏 (しばし)

■■■南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏■■■

 

奥州斯波氏・雫石御所跡を訪ねて

 奥州斯波氏は斯波郡高水寺 に居を置き「斯波御所」を称し、天文年間には雫石盆地にも進出、雫石御所を構えた とされる。
 雫石といえば小岩井農場やスキー場が有名なところであるが、今回はそれらを飛ばして雫石御所跡を訪ねてみた。

 さて、斯波氏の祖は足利泰氏の長男足利家氏である。
 家氏は長男ではあったが、足利氏の家督は北条得宗家を母とする弟頼氏が継ぐ。しかし、幼少の足利氏当主がその後続いたため、家氏は足利一門の代表として、関東御家人として活躍、足利尾張家と言われ 、名族としての基礎を築いた。
 家氏は陸奥国斯波郡を領有したことにより、この系統は後に斯波氏を称するにいたる。
 家氏の曾孫が足利尊氏と同年の足利尾張守高経で、南北朝期に活躍した。
 高経の長男家長は陸奥守、奥州総奉行として南軍と奥州や関東で対決し活躍するも、若くして鎌倉杉本城の戦いで戦死する。17才で没した家長には妻子がなかったとされ、父高経は詮経を養子として斯波郡を領有させ、やがてこの系統は高水寺城を居城とし、斯波氏宗家(武衛家)とは別に、 奥州の地に在って、将軍の一門・「斯波御所」と称され戦国末期まで栄えた。
 斯波御所の歴代の事績は十分にわかっていないが、天文14年経詮の代に南部氏が戸沢氏を追い出し占領していた雫石を攻略し、弟詮貞を配して雫石御所を称したとされている。
 

▼北側からみた雫石御所(城)跡 ▼旧国道から主郭跡の八幡宮の登り口

 雫石御所(雫石城)は、戸沢氏の雫石城を大幅に改築したとする見解が有力で、雫石盆地のほぼ中央、雫石川の左岸(北側)の段丘に築かれた。段丘は低地から10mぐらいの高さがあり、城は濠で段丘を切り、東端に東郭、次に主郭、二の郭、三の郭と西に連なる。郭と郭の間には今でも深さ3〜4mの濠跡を見出すことができる。城の北側は、現在急峻な杉林となっている。
 縄張りは、出自は不明な点があるが、遠野綾部の出で斯波御所臣となった綾部越前広信の手によるものとされている。広信は土木工事が得意であったのか、土樋堰をつくり、城内に引水したとされる。
 

▼主郭跡の八幡宮 ▼八幡宮社殿

 主郭は東西、南北それぞれ70〜80mあり、現在は八幡宮となっている。
 各郭を縦断するように生活道路が走っており、主郭まで車で乗り入れることもできる。また主郭跡の八幡宮の南側旧国道に車を停めて行くことも容易である。JRの雫石駅からも歩いて5分程度である。
 西側の現在の永昌寺境内などには家臣団の屋敷地もあったとされるが、その跡ははっきりしていない。
 

▼今も残る濠跡 ▼郭を縦断する生活道路

 雫石御所は、残念ながらそう長くは続かなかった。詮貞、詮貴、久詮と続き、久詮の代にあたる天正14年南部氏によって滅亡に追い込まれた。


地図はここです

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2004 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか管領家斯波氏一覧へリンクして下さい。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO