領家波氏 (しばし)

■■■南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏■■■

 

奥州斯波氏・猪去御所跡を訪ねて

  足利一門の名族足利尾張家の当主高経は、足利尊氏からの要請を受け、嫡男家長を陸奥守、奥州総奉行として奥州斯波郡や鎌倉に送ったが、 後醍醐派北畠顕家との鎌倉杉本城の戦いで戦死する。
 17才で没した家長には妻子がなく、父高経は詮経を養子として斯波郡を領有させ、やがてこの系統は、斯波氏宗家(武衛家)とは別に、 奥州の地に在って、将軍の一門・「斯波御所」と称され戦国末期まで栄えた。

 その奥州斯波氏(斯波御所)は斯波郡高水寺に居を置き、天文年間には雫石地方にも進出、雫石御所、さらに猪去御所を構えたされる。 雫石には斯波御所詮高次男の詮貞が、猪去は三男の詮義が入部した(嫡男経詮は斯波御所を継承)。

 猪去は雫石川が北上平野に流れ出る位置にあり、古くから開けていたのか、縄文遺物 なども発見されている。西が雫石、南は斯波郡に隣接し、奥州斯波氏にとっても北上平野を睨むうえで格好の場所であったといえる。

 車では盛岡インターチェンジから直ぐの場所であるが、実際にその場所に行き着くのが難しい。住宅地を抜けて山麓の高台に向かうのであるが、これが結構わかりにくい のである。
 奥州斯波氏の本拠である高水寺御所や雫石御所の感覚で探すと、先ず見つからないし、うろうろしていると自分が何処にいるのかも分からなくなる。字橋場の高台の果樹園がその場所である。

▼高台(御殿跡)からの眺望 ▼果樹園となっている御殿跡

 御所跡に立って見ると、それほどの高さでもないが、北上平野の西部を眺望でき、結構見晴らしが良い。伝承では猪去御所の「手植えの松」や「御所桜」があったとされるが、何せ民有地の果樹園であるため、あまり立ち入って調べることは難しい。幸い、落ち葉などの清掃 をしていた所有者の家族と思われる老人に出会えたため、写真撮影の許可をもらい果樹園の中に入ることができた。

▼御殿跡東端 ▼御殿跡西端

 御所(館)の御殿跡は2段の段丘の頂きにあり、周りには空濠跡や段丘も残っており、どこまでが御所の範囲であったのか 、御殿の他にどのような建物が在ったのか、御所を名乗る以上それなりの規模の施設が在ったと推定されるものの、残念ながら不明である。ただ、比高60mとされている主御殿の跡の広さは実測しなかったものの、予想していたよりも広い。

▼周辺の濠跡 ▼周辺にひろがる御所跡の遺構

 猪去御所は天正16年5月義方の代で、南部氏に攻撃され、一旦本家の斯波御所に逃れるが、その斯波御所も、斯波宗家(武衛)の没落、室町幕府の滅亡とともに権威を失い、家臣団の統制が乱れ、8月亡命を余儀なくされる。
 猪去御所(義方)は一旦花巻に逃れ、後、猪去氏として南部氏に服したという。

地図はここです (民有地です、立入には注意下さい)

TOPへ戻る一覧に戻る


Copyright (c) 2004 H.Okuyama. All rights reserved.
本ページへの直接リンクはご遠慮下さい。必ずTOPページか管領家斯波氏一覧へリンクして下さい。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO