朝倉街道を行く(上)

〜 鯖波・牧谷峠から鳴鹿渡・丸岡(豊原)まで 〜

中世の越前には北陸道の他にもう一つ、越前を南北に縦断する幹線道がありました。朝倉街道がそれです。聞いたことのある方もおられると思います。名前から推測して一乗谷朝倉氏に係わりのあること?。まさにその通りです。朝倉氏が越前を広く支配していた時代(中世)には、朝倉氏が頻繁に利用していた朝倉街道が存在していたのです。その跡はいまでは廃道と までいかないまでも、林業の方に利用されるだけになった道もあれば、日ごろ住民に利用されている道がそれであったり、でも完全になくなったりはしていません。
 今回は、この朝倉街道を訪ね歩いてみましょう。地図を片手にちょっとした中世越前への空想の旅へ出かけましょう。

プロローグ

 さて、今回辿る朝倉街道について、簡単に解説しましょう。戦国越前を支配した朝倉氏は、鎌倉末期から南北朝の動乱時期、越前守護職であった斯波氏とともに建武4年(1337年)越前国内に初めて入国、その足跡を記しています。
 その名は、太平記の中で黒丸入道覚性として登場、新田義貞率いる南朝軍との足羽七城攻防戦において、北朝方越前守護職斯波高経を支える重臣として現れています。この黒丸入道こそが越前朝倉氏初代朝倉広景と言われています。前年には、足利将軍により光明天皇が践祚。すでに南北朝時代となっていました。その後、朝倉氏は勢力を伸ばすとともに 拠点を黒丸から北の庄、そして一乗谷に徐々に移して行きます。
 一乗谷における朝倉氏の繁栄の基礎が築かれ始めた頃、今回の旅のテーマである朝倉街道がつくられたようです。

朝倉街道成立まで

 解説書では、朝倉氏が一乗谷に入ったのは、戦国初代の朝倉孝景の時で、応仁・文明の乱で大活躍し、越前守護代となって一乗谷に拠点を移したとされていますが、一乗谷はそれ以前からもう朝倉氏の重要な拠点になっておりました。
 朝倉氏が甲斐氏に代わって越前守護代となったのは文明年間ですが、それよりも100年以上前の貞治年間に、一乗谷を含む足羽郡宇坂荘の地頭職を得、このころからこの地域に進出し、15世紀初頭にはすでに、一乗谷は朝倉氏の重要な拠点のひとつになっていたものと考え られます。
 室町初期、朝倉氏は一時主人斯波氏に反旗を翻したことから、斯波氏が三管領筆頭として幕府に重きをなし、守護代に甲斐氏が就任し守護支配が貫徹するなかで、一時閉塞状態に追い込まれ、一介の被官人にまで落とされたと推定されますが、自立心が強かった朝倉氏は境遇にもめげず、ひたすら力の蓄えに励んだことと考えられます。
 そしてそのためには、斯波氏や守護代甲斐氏の拠点である府中(北陸道)を通らずに、一乗谷に物資などの移動を可能とするルートの構築は欠かせないものだったのです。
 こうして朝倉街道は、斯波氏、甲斐氏の眼を逃れるようにしてつくられていったのです。そしてこのことが、後の、応仁・文明の乱で、名門守護代甲斐氏と朝倉氏が覇権を争った時に、その絶大なる効果を発揮することになるのです。

朝倉街道の概要

 一乗谷は当時の北陸道から東へ大きく離れていたため、東側にほぼ北陸道に並行してつくられました。その道筋については、いくつかの説があり、一定していませんが、江戸時代に出版された「越藩拾遺録」に「東ハ丸岡ヨリ鳴鹿ヘ至リ、此川ヲ越ヘ松岡ヘ出、下吉野ヲ経テ小幡坂ヲ越ヘ、阿波カ原ヨリ成願寺渡村ニテ川ヲ越ヘ東郷ヘ出、榎木坂ヲ越ヘ粟田部・五箇ヘカカリ雄牧谷坂ヲ越ヘテ新河原ノ渡シヨリ鯖波ヘ出ヘ出ル。榎木坂之此方ニテ東ノ方鹿俣坂ヲ越ヘテ一乗ヘ出ル道、此頃ノ大手ナル由」とあります。
 つまり、丸岡(本来は豊原か)から鳴鹿へ向かい、そこから九頭龍川を渡って、松岡町内に入り、小畑坂を越えて福井市坂下町へ。さらに、寮、河水町といった東部の水田地帯を南下して、福井市成願寺町から足羽川を渡って東郷へ出るとあります。東郷から榎坂を通って鯖江市東部から今立町粟田部・五箇へ至り、さらに南下して、武生市萱谷町から牧谷越で、南条町へ。日野川を渡って、鯖波付近で北陸道に合流したようです。無論、これ以外にも、諸説ありますが、もともと軍事利用を考え複数ルートで設定されていたようです。
 さっそく散策の旅へでかけましょう。

始まりは、南条から

 いよいよ街道を辿る旅に出発です。スタート地点は、南条町鯖波を選びました。
 先ほどは北から南に向かってルートを説明しましたが、やはり出発地点は旧北陸道との分岐地点から出発したほうが理解がしやすく、ここでは南から北に向かって後を辿ってみたいと思います。
 早速南条鯖波へ。
 さてどこかで北陸道から外れて、東に移動し、日野川を渡らなくてはいけません。一体どこで分岐して渡河したのか。それが問題です。
 個人的には鯖波よりもう少し北の、南条関ヶ鼻の集落あたりで渡河したのではないかと考えています。鯖波には昔から杣山に行くために、渡しのための渡河地点があったわけですが、杣山は戦略的な要地ですから、当然守護代甲斐氏の一族かまたは配下が守備しており、ふもとには重臣たちの居館もあったと推定されますから、この場所やこれより南で渡河したのでは、杣山城の真横を街道が通るかたちになり、あまり意味をなさないわけです。
 このように考えると鯖波の北にあたる関ヶ鼻の集落あたりが、やはり一番ぴったりきます。
 関ヶ鼻の集落は、JR南条駅前から旧北陸道沿いに南へ300m程下がったところにあります。旧北陸道はどれかといいますと、南条駅を出たすぐ前の細い道です。国道365号がすぐ近くを並行していますが道の雰囲気は全く違いますから、間違えようもありません。街道沿いには透明で清らかな小川が流れ、落ちついた集落のたたずまいとともに、なんとなく懐かしい気持ちにさせてくれます。などど感慨にふけりながら歩いていると、 芭蕉の「奥の細道」にも登場する鴬の関と書かれた大きな自然石の碑を見つけました。
 朝倉街道はここから日野川を渡って日野山の東側で牧谷越をし味真野に出たと考えられます。昔なら渡河ということになりますが、今は、立派な橋が架かっています(南条大橋)ので、これを利用して、下牧谷の集落へ向かいます。

下牧谷の集落

下牧谷あたりも静かな山里然としたところで、山あいの風景を眺めながら集落沿いの道(朝倉街道?)を進みます。下牧谷の道も細くなってきていよいよ山の中へという手前のところで、車を降りて牧谷越方面を眺めながら「なんと牧谷越の高いことよ!ほんとにこんなところを朝倉の軍団が越えたのだろうか。」などと思わず感慨にふけってしまいます。
 麓の道はまだまだ立派ですが、障害物で通行止めにしてあるため、反対側の味真野から回ってみることにします。

萱谷町・牧谷越

 一旦、国道へもどり武生方面から味真野に行ってみます。国道365号から国道8号と北上し、日野山の横腹を通過したあたり大屋口交叉点で、味真野方面へ右折、五分市郵便局の角を右折して南下、萱谷町 (かやだにちょう)を抜ける辺りから、旧街道らしい雰囲気になります。先ほどの下牧谷とはちがって通行止めはなく、鬱蒼とした山道をすすんでいくと、道が分かれている所にぶつかり、かつての街道の証とも言えるような大きな祠が 目に入ります。静かな山の中で「ああ、やはりここが朝倉街道の名残だな」という感慨に浸る事ができます。
 さて、道はこのまま牧谷越直前までは登って行けますが、尾根を越えることはできません。かつて、南条方面から五分市に抜ける主道として、盛んに利用されたこの道も、いまでも林業の方が軽トラックで利用する程度です。このあたりで引返して、今立町をとおって、榎峠へ向かうことにしましょう。
 先ず、今来た道をUターンして、車を一旦味真野に戻します。味真野も古代から開けていた地方で、多くの史跡がありますが、今回はこれを無視して東側に流れている鞍谷川のところまで 出ます。朝倉街道はこの川筋を北上したと考えられているからです。

粟田部から榎峠まで

 今度は鞍谷川沿いに北上します。粟田部への道は今も利用されている道です。粟田部から、さらに鞍谷川沿いに三里山の裾を北上する道も、旧道と新道が併設されて残っています。三里山を過ぎると昔ながらの川筋の道は無くなります。
 このあたりは豊かな水田地帯で、耕地整理もいきとどき、近代的な道となっており、かつての川沿いの道は消失していますから、鯖江インター方面に行く現在の道をすすみながら、鯖江市橋立町で右折して文殊山の裾野を片上方面へ向かうこととします。
 徳光鯖江線と呼ばれる道路が文殊山・橋立山の麓を通っており、榎坂方面への道がひらけてきます。
 現在の榎坂は、トンネルが貫通し簡単に通りぬけることができますが、かつての街道は、片上神社の前の細い道から山越えすることになります。

 牧谷越えから距離を措かずにまたまた峠越えというのは、いかに昔の人が健脚であっても大変だったろうなという思いがします。
 しかし、現代の我々はそんな疑問を持ってしまいますが、朝倉氏にはもちろん、そうしなければならない戦略的な意味があったのです。
 

下に続く
 

TOPへ一覧へ戻る


Copyright (c) 2000 H.Okuyama. All rights reserved.
本稿は福井商工会議所報「Chamber」2000年1月号掲載を一部改稿したものです。
無断転載はお断りします。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO