長禄合戦

〜 朝倉氏の台頭と自立への途 〜


 南北朝から室町期「第一の家格」を誇った斯波氏は根本分国である越前の守護のほかに尾張、遠江守護も努め、三管領筆頭として幕政に重きをなしたが、京の政務から離れられず、分国経営は執事も兼ねる守護代の甲斐氏に委ねざるをえなかった。
 越前守護代甲斐氏。守護斯波氏が「将軍と同格」なら、守護代甲斐氏は「管領と同格」扱いで、陪臣の身でありながら前例のない室町将軍の行幸を毎年のように得ていた。
 この関係は斯波氏の権威が保持されている時は、問題がなかったが、斯波氏に若年の当主が続くと、反比例するように守護代甲斐氏の力が増大、ついにその矛盾が表面化する。

プロローグ 斯波義敏の家督継承と守護代甲斐氏

 享徳元年(一四五二)九月一日斯波家の当主(武衛と呼ばれた)義健が十八歳の若年で死去した。義健には子がなかったため、支族である斯波持種の子で同じく十八歳の義敏がその家督を継ぎ、越前をはじめ尾張・遠江の三か国守護職を継承した。
 斯波持種は大野氏ともいわれるように、越前大野の犬山城を居城にしていた斯波氏の庶流で、一時は加賀の守護職にもあった支族である。

 さて、はじめは守護代甲斐氏や織田氏、朝倉氏も当然斯波義敏を支持し、若年の当主続きで威勢に翳りの見えた斯波氏も、ここで往年の権威回復が期待されるところであった。
 しかし、事態はそうはすすまなかった。
 庶流から養子に入った義敏は、当然ながら斯波家当主としての力の回復に乗り出し、しかも庶流であるため越前の在地事情に詳しく、府中守護所(現武生市)を拠点に実質的に越前を経営していた守護代甲斐常治との対立は時間の問題であったといえる。

守護と守護代、守護代と国人層の対立

 なぜこのような対立に到ったのであろうか。
 これには将軍(幕府)の思惑も密接にからみあっていたと考えられる。幕府は守護大名の力を抑制するために、この頃、守護を飛び越して守護代クラスとの結びつきを強める傾向にあった。
 特に、家格の高い斯波氏については、そうであった。かつて、弟分の渋川氏を引き連れて将軍の前で系図をひけらかしていた斯波氏は、門地意識が高いだけに、将軍義政としては守護斯波氏抑制のため守護代甲斐氏、織田氏、朝倉氏との連携を強めていった。また甲斐氏側も獲得した守護代として の権益を維持するために、より上級の将軍権力と結ぼうとするのは自然の流れであった。
 しかし、在地では事情が違っていた。
 甲斐氏、朝倉氏など宿老が分国支配の実権を握り、自分達の一族や諸将で荘園の代官職などポストをつぎつぎ獲得、国人層を圧迫していたのである。
 国人たちは、守護代甲斐氏や朝倉氏に反発を持っており、越前の在地事情に詳しい義敏の守護職就任を契機に、失地回復に強い期待を持ったことと思われる。新守護義敏にとっても、甲斐氏を押さえ込み、権力を回復するために国人層の支持は欠かせないものになっていった。
 こうして、両者の対立は、激化することはあっても和らぐことは望めない情勢へと、緊迫度を増していくことになったのである。

義敏方と甲斐方の抗争

 康正二年五月、守護義敏と守護代甲斐常治の対立はもはや抜き差しならないところまでいっていたと考えられ、義敏は甲斐氏の非道を幕府に訴えたが、結果は守護代甲斐氏に有利となる裁定で、裏目にでた。
 この裁定に憤った守護義敏は、長禄元年正月、斯波家の菩提寺である東山東光寺に父親持種とともに出奔し、引き篭り、ストライキで抵抗にでた。
 斯波氏の邸宅は武衛陣とよばれ、室町通り勘解油小路(現在の京都御所の西側)にあり、現在は平安女学院が建っている。
 義敏が引き篭もった東光寺は、現在の東山霊山にあった東光寺に比定できる。南北朝期に創建され、応仁の乱で焼失したものの、その後義敏によって再建され、戦国末期まではかろうじて維持していたが、斯波氏の滅亡とともに廃寺、正法寺の塔頭となり、幕末には西本願寺の別荘として買収され、維新史跡の一つともなっている所である。

▼斯波邸跡(現平安女学院) ▼東山東光寺跡

 さて三管領筆頭の義敏の引き篭もりであわてたのは幕府である。このころ将軍義政(幕府)は関東公方足利成氏の討伐を進めており、その大将に武衛斯波義敏をあてにしていたからである。相手はなんといっても関東公方である。将軍が親征するか、その代わりとなる旗印となれば当然斯波氏であるし、遠江の軍勢に加え、奥州探題大崎氏や羽州探題最上氏など奥州斯波一族の北から圧力も期待できるわけである。
 幕府の関東政策からも、また事態を放置すれば越前で内乱にまで発展しかねず、事態を憂慮した幕府は甲斐氏に和睦を命じることになる。
 翌長禄二年二月二十九日、両者の和睦は成立し、武衛義敏は幕府に出仕、義敏方の被官所領はすべて「元の如く」安堵されることとなった。しかし、守護代甲斐氏の越前支配強化姿勢は変わらず、事態はやがて両者による越前一国の支配をかけた合戦へと 突入する。

長禄二年、義敏派越前制圧

 和睦が成立し、代官職が守護代甲斐方から返されることになると、国人たちは当然土地の返付を求めたが、代官職返付は順調には進まず、両者の対立は依然解消されない状態が続いていた。
 幕府は、和睦がなったものとして、六月に武衛斯波義敏と甲斐常治に関東公方追討の命を出すが、越前をめぐる状況から両者とも動くことはなかった。そのような中で実力者甲斐常治が病の床につく。
 この機を逃さず、七月、義敏・国人方が蜂起し、甲斐方との代官職返付をめぐる越前国内における最初の合戦が起きたという。この戦闘では甲斐・朝倉氏ら甲斐方の勝利に終わったが、しかし翌八月、義敏方の国人堀江石見守利真が京都から越前に下国すると状況は一変する。甲斐一族らを越前から追うなど勝利をおさめ 、また、甲斐方であった小守護代は、義敏によって堀江利真などが任命され、越前は義敏方の国人たちによって制圧されることになった。
 堀江氏は河口、坪江の荘を中心とする国人層で、この頃は番田を拠点としていた。番田屋敷跡は昭和初期まではその遺構が残っていたが、京福三国芦原線の敷設で土塁跡なども取り崩され、現在は館跡の碑を残すのみである。京福線の番田駅から目と鼻の先である。なお、堀江氏の館跡は複数あり、 下番には館跡の遺構が僅かに認められるほか、墓石なども発掘されている。
 越前支配を強めた堀江利真は、越前国内ではどこの荘園領主であっても守護義敏の許可がなければ直務支配を認めないと恫喝しながら、代官職の獲得と越前支配に繋げていった。
 この事態に対応するため、甲斐氏も十一月一日には甲斐常治の子敏光や朝倉孝景らの軍勢が近江の海津を経て越前に向かったが、堀江方は越前入国を阻止し、海津まで押し返し、また加賀から侵入して金津を焼き払い堀江氏の拠点番田(現坂井町)を攻める甲斐勢に対しても、堀江方は応戦した。
 このような越前の状況に対して、将軍義政(幕府)は、甲斐方支援に立ち戻り、国人層をバックアップする義敏を遠ざけるため、十一月十五日までに関東討伐に出陣するよう武衛義敏に厳命した。やむなく京を出陣した義敏であるが、越前の情勢が気がかりで近江の小野に滞陣し、それ以上は動かなかった。

▼堀江氏番田屋敷跡(現芦原町) ▼一乗谷南入り口安波賀


長禄三年、甲斐方の勝利

 翌年に入ると、両者の合戦は越前にとどまらず、尾張など斯波氏の領国全体にまで拡大する様相をみせはじめたという。
 そこで幕府は、これが大乱に発展することを避けるため再び両者の和睦を図ることにし、二月に使者を敦賀郡疋田に派遣するも、甲斐氏は応じたものの義敏方の国人たちはこの和議に反対、結果調停は不調に終わった。
 この状況を知った甲斐方は憤激し、合戦はただちに再開。幕府も甲斐氏支援を明確にすると今度は、戦況は甲斐方有利に展開しはじめる。
 二月堀江方は甲斐方の中心でもある朝倉孝景の拠点一乗谷に攻撃をしかけ阿波賀木戸口で合戦となるが、留守を守る祖父教景(心月)の指揮のもとで朝倉氏はこれを防いでいる。この頃すでに一乗谷は朝倉氏の拠点となっていたことがわかる。二月中旬までに、甲斐氏の軍勢は各地で優勢に転じ守護方・国人層を破っている。堀江方は戦局打開のため、甲斐氏の拠点敦賀城に兵を出すものの苦戦が続いた。
 この事態に、近江に滞陣していた斯波義敏は関東討伐のための軍勢を突然越前に差し向ける。五月十三日、二百人の兵が守っていたという甲斐方の敦賀城(金ヶ崎)へ攻撃を始める。義敏は船五十艘で海上からも攻撃をしかけるが、これが裏目にでて 、大風により斯波方は大敗し、このため一万余の兵を擁していたという義敏方は、八百人余の戦死者を出して兵を退いた。
 さらに、越中・能登・加賀の軍勢も将軍からの命令を受け、二十五日北から越前へ進攻し、二十七日に甲斐方の軍勢によって府中が押さえられると、堀江方は越前からの撤退を余儀なくされた。六月一日甲斐氏と行動をともにしていた朝倉孝景もようやく北ノ庄に到着した 。
 幕府の命を無視し関東征討軍を甲斐方攻撃に差し向け、大敗した義敏は将軍足利義政の怒りをこうむり、守護職を剥奪されて周防の大内氏のもとに没落する。
 しかし、大敗して越前を追われていた堀江勢は、七月になると再び勢力を盛り返して越前に侵入し、同月二十三日には坂井郡長崎に陣を取り、南下。そして八月十一日、ついに堀江方と甲斐方との間で越前の支配権を賭けた最後の決戦・和田合戦(現福井市和田)が始まった。合戦のあった和田は、足羽川北側で国道八号と大野街道(一五八号)が交差するあたりである。
 堀江方には、堀江利真兄弟父子五人をはじめ越前居住の朝倉庶子家が加わった。一方甲斐方には、甲斐・織田・朝倉惣領家の朝倉孝景をはじめ、堀江氏の庶子である本庄・細呂宜の各氏などが参陣した。
 戦いは夕暮れ近くに、朝倉孝景の奮戦で甲斐方の大勝利となり、守護方大将の堀江石見守利真父子兄弟をはじめ、反孝景の朝倉氏庶流一族合わせて七百余人が討ち死した。

エピローグ 朝倉氏の台頭

 和田合戦は甲斐氏の圧勝に終わったが、その戦いの中核となったのが、朝倉孝景である。この決戦では、一貫して甲斐氏に従い、守護義敏と堀江氏など有力国人層と戦い、特に、堀江氏などと結んだ朝倉氏一族内の反孝景派の庶流一族を一掃し、惣領家の覇権を確立した意義は大きかった。
 さらに、戦いの翌日、京都にあった越前守護代甲斐常治が病没、名門甲斐氏にも秋風が吹き始めるなか、朝倉孝景が相対的に浮上する。
 この後、斯波氏の家督争いに、畠山氏、将軍の後継争いが加わり、京の大半を焼失させる応仁の乱へと歴史が激動していくが、そのきっかけとなる「上御霊社の戦い」が起きると、その攻撃のなかに朝倉孝景の姿があった。
 越前守護代甲斐氏とともに西軍に属した孝景は、応仁の乱でも大活躍する。しかし、甲斐氏とともに戦う限り甲斐氏の配下から逃れられないことを悟った孝景は、やがて越前守護代就任を条件に東軍に寝返り、越前の覇権をかけて今度は甲斐氏とこの越前で死闘を展開することになるのである。
 その後の朝倉氏と一乗谷の繁栄は、流された膨大な血のうえにあったのである。
 

TOPへ一覧へ戻る


Copyright (c) 2003 H.Okuyama. All rights reserved.
本稿は福井商工会議所報「Chamber」2003年7月号に掲載したものを要約したものです。無断転載はお断りします。 加筆した詳細版「朝倉氏台頭す! 長禄合戦」は分館・戦国大名越前朝倉氏に掲載 しています。

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO